人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -
恋人が出来ずに悩んでいます
http://pata.cocotte.jp

複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト



イメージ画像 hisigata_blue004.gif

恋人が出来ずに悩んでいます...

 恋人が出来ずに悩んでいます。出会いがないわけではなく、女性ともすぐに仲良くなれるのですが、何回かデートをしてからタイミングを見て告白すると、いつもフラれてしまいます。相手からの返事はいつも「友達のままがいい」とか「人としては好き」といった感じです。少し突っ込んで理由を聞くと「異性としての魅力を感じない」という答えが返ってきます。どうすれば異性として見られて恋人が出来ますか?

(23歳男性)


■ 回答

 男性によくありがちな悩みですが、こういう悩みに対するアドバイスでよく言われることは「ギャップを見せた方がよい。女性はギャップに弱く、ギャップに恋をするから...」とか「男としての魅力を磨くしかない。たとえば、女性の手を強引に引っぱっていくとか...」などがあります。

 ですが、悩んでいる本人からすれば、ちょっと(ウーン...。)って感じですよね?

 なぜなら...

(ギャップを見せろって言われても、ギャップが良いってことぐらいすでに知っているし、具体的にどうすればよいのか分からないから悩んでいるんじゃないか!)

(女性の手を強引に引っぱるなんて...本当に、そんなことをして大丈夫なの? 俺は優しいキャラで通っているのに、そんなこと、やりにくくて出来ないよ...。)

...のように思って、結局は何も出来ないからなんです。

 確かに、アドバイス自体は間違っていません。ですが、これじゃあとても相談者の立場に立ったアドバイスとは言えません。ギャップであれば、具体的で、かつ、その相談者に合った「ギャップを見せる方法」を示してあげるべきだし、男としての魅力(男らしさ)だって、まずはその相談者のキャラを考慮に入れたうえで、一から順番に説明してあげるべきなんです。

 ちなみに、私だったら優先順位的に以下のようなアドバイスをします。


1.むやみに告白してはいけません

 まず一つ目に言えることは、"むやみに告白してはいけない"ということです。 そう、むやみに告白なんかしちゃあいけないんです。魅力的でモテモテな男性ならまだしも、そうでない男性が無計画に告白なんかすれば、フラれるに決まっているんです。

 なぜ告白がいけないのかというと、まだつき合えるのかどうか不確定な状態で、相手に"YESかNOか"の判断をせまることになるからです。相手に少しでも迷いがあれば確実に"NO"の返事が返ってくるんです。

 このときの女性の心の声はというと...

(えっ、つき合うかつき合わないかの決断を今しなくちゃいけないの? もしも"YES"と言ったら、これからは、この人にキスされたり一緒に寝たり、いろんなことされるのを断りにくくなっちゃう...。)

 あなたが女性に告白するとき、いつも"重たい空気"が流れませんか?
 もしかしたら気がついているかもしれませんが、重たい空気が流れるときは100%の確率でフラれます。だからと言って、無理やり軽い感じで告白すれば良いというものでもありません。
 このとき流れる重たい空気の正体は以下の2つです。

  • @.あなた自身の緊張感
  • A.相手の女性の困惑

 あなた自身の緊張感は、軽い感じで告白することで多少は軽減できるかもしれませんが、相手の女性の困惑を、あなたがコントロールすることは不可能です。そして、女性が困惑しているということは、多少なりとも(友達の方が良いかも...?)という気持ちが潜んでいることを意味しています。

 つき合うのかつき合わないのか白黒ハッキリさせたい気持ちは分かりますが、この状態では相手に"あなたの焦り"を伝えてしまう結果にもなります。一般的に女性は"余裕のある男性"を好みますので、この"焦り"が伝わってしまうことも、告白が失敗する原因の一つになっています。

≪point.1≫
  1. 告白をして白黒ハッキリさせたい気持ちが、相手に"あなたの焦り"を伝えてしまう。
  2. 一般的に女性は"余裕のある男性"を好むため、あなたの焦りは確実にマイナスに働いてしまう。

 世の中には、いわゆる「自然な流れでつき合い始めた」という"告白が無かったカップル"が大勢います。たとえば、こういったカップルが初めてのキスをするのは、良いムードになったときなど、それなりの条件が調う(ととのう)必要があるわけですが、

 そのときの女性の心の声は...

(ついつい、ムードに流されてしてしまった。この先もムードが良いときだったらキスしても良いかな。告白があったわけじゃないから、この人と恋人同士って確約しているわけじゃないし、ムードが悪かったら断っても自由だよね。でも、今のキスは気持ち良かった。私...この人のこと好きになっちゃうかも。)

 一般的に、女性は"責任を取りたくない"気持ちが強い生き物です。
(もちろん個人差はありますが、とりわけ男女関係を含めた人間関係において、その傾向が強く出てきます。)

 これは、原始時代の十数万年ものあいだ受け継がれてきた、男女の役割分担の違いが関係していると言われています。男たちが狩りに出かけたあと、女たちは野草や果実などの採集に出かけるわけですが、効率良く収穫するためには、集団における協調性がとっても大事だったからです。もしも、一人だけ協調性を乱す行動をして責任を問われ、周囲から責められ孤立してしまえば、それはすなわち"死"を意味します

 そして、この"責任を取りたくない"という気持ちが、"態度や意志を明確にしたくない"という意識につながるのです。"YESかNOか"の決断を性急にせまってくる相手に対して、NOの気持ちが1ミリでもあれば、迷わずNOの返事をしてしまうのです。

 つまり、人としての魅力はあっても男としての魅力が少ない男性が女性を誘うときは、NOの返事はもちろんのこと、YESの返事でさえ、なるべく"言葉で"言わせないようにすることがポイントなのです。

 女性を対象とした「好きな男性のタイプ」のアンケート結果の中に「強引に引っぱってくれる男性」という回答があります。強引に引っぱってくれる男性がモテる理由は、後になって何か都合の悪いことになったときに「強引に誘われたから仕方なく...」と言い訳できる状況をあらかじめ作ってくれる男性だからです。自分の態度や意志を明確にしないで済む状況を作ってくれる男性だからです。

 裏を返せば、自分の代わりに責任を負ってくれる「頼りになる男性」、"責任を持つ・責任をとる"という、女性が苦手なことを簡単に引き受けてくれる「男らしい男性」とも言えるわけです。

(強引にいって失敗するケースは、"相手が望んでいないこと"に無理やりつき合わせようとしたり、相手がそれとなくNOと表明しているにも関わらず"ゴリ押し"をしてしまったケースです。または、その男性自身にまったく興味がない場合です。)

 それでも、どうしてもキチンと告白してYESの返事をもらいたいのであれば、すでに両想いであることが確信できた場合のみ(=両想いの状態にまで、二人の関係を築き上げてから)にするべきなんです。(この場合の"告白"は、すでに両想いを確信した上で"最終確認"するためのものであり、つき合うかつき合わないかの決断をせまるものではありません。)

≪point.2≫
  1. 女性は"責任を取りたくない"気持ちが強いため、"YESかNO"かの決断をせまられると困惑する。(そして、1ミリでも"NO"の気持ちがあれば"NO"と答える。)
  2. わざわざYESと答えなくても済む誘い方をし続けることで、自分の代わりに責任を負ってくれる"頼りになる男性"、女性が苦手なことを引き受けてくれる"男らしい男性"という印象を与えることができる。
  3. 告白は、すでに両想いが確信できた上での"最終確認"のためと考えること。

 相談者の場合、デートが出来るということは、少なくても嫌われてはいないし、まったく興味がないと思われているわけでもないのですから(嫌いな男性やまったく興味のない男性とは、特別な用事がない限り、女性はけっして二人きりで会うことはしません。)、告白よりも前に、どうしたら男としての魅力(男らしさ)を出せるのか? 恋人っぽい雰囲気を作り出すにはどうしたら良いのか? について考えることを優先するべきなんです。

 恋人っぽい雰囲気を作り出すため、男としての魅力(男らしさ)を打ち出すための、私からのおすすめの方法は、まずは恋愛感情を持っていることを"遠回し"に伝えることです。ダイレクトに「好き」などと言おうものなら"告白"と同じ意味になり、相手に決断をせまることになるのでダメです。

 たとえば...

「今日のヘアスタイル、とっても似合っているね。(ちょっとドキドキする...)※カッコの中は独り言」
 などと"独り言風"に言う作戦があります。恋人っぽい雰囲気は、これだけでも作り出すことができます。
 独り言風に言う分には、相手は"YES"も"NO"も答える必要がありません。とにかく大事なのは、間違ったタイミングで"決断をせまる"というプレッシャーを女性に与えないことです。

 また、一緒にレストランなどで食事をするとき、何を食べようかあまり迷ってはいけません。1秒でも早く、自分だけでも即座に決めて、相手の女性が迷っていたら「これなんか美味しそうだよね、これにしてみたら?」とすすめてあげます。"決断の早さ"は、男としての魅力(男らしさ)の中ではいちばん簡単に示せる項目です。
 これは食事のシーンだけに限りません。「どこに行こうか? 何をしようか?」など、イチイチ相手の意見を求める前に、先に自分から提案するのです。「俺、○○してみたいなぁ〜。行こうよ!」と言ってみて、それで相手が難色を示したら、そこで初めて相手の希望を聞けば良いのです。

≪point.3≫
  1. 「ドキドキする」など"恋愛感情がなければあり得ない言葉"を独り言風につぶやくだけでも、恋人っぽい雰囲気を作り出すことができる。
  2. "決断の早さ"は、男としての魅力(男らしさ)の中ではいちばん簡単に示せる要素です。


2.勝負をかけるべきタイミング

 次に言えることは、勝負をかける(=告白する)タイミングを間違えている、ということです。
 これまでの話は、人としての魅力はあっても男としての魅力が少ない男性が告白をしても良いタイミングは、何度も何度もデートを重ねながら、男としての魅力(男らしさ)をシッカリと伝えたり、恋人っぽい雰囲気を作り出したりして、なんとか両想いの状態になってから"最終確認"のつもりで告白する...というものでした。

 つまり、"気が遠くなるほど長い時間がかかる"可能性があるということです。(恋愛上級者の中には"この過程が楽しい"と言う男性もいますが...)

 将来を見据えた結婚ということであれば、安心感・安定感など他の要素も重要になってきますが、とりあえず恋愛を始めるときに必要不可欠なのはトキメキ(=ドキドキ感)です。

人間関係と恋愛相談
 右にグラフを用意しました。
『人としての魅力はあるが男としての魅力が少ない男性に対する恋愛感情のグラフの"例"』です。(※あくまでも一例です。)

(※横軸(時間軸)は、連絡の頻度やつき合い方によって異なります。)

 これまでの話の、気が遠くなるほど長い時間がかかるタイミングは、このグラフで言えば9ヶ月目以降ということになります。(※あくまでも一例です。)

 もうお気づきとは思いますが、9ヶ月目以降の他にもう1ヶ所、告白が成功しやすいタイミングがあります。それは"出会った直後"です。

 実は、この相談内容...私自身も通った道のりなんです。
 私もかつては「告白は、早すぎてはいけない」と考えていました。なぜなら、お互いのことをある程度知ったうえで交際をスタートするべきだと考えていたからです。また、「告白は、遅すぎてはいけない」とも考えていました。これは、遅すぎると相手の気持ちが他に向いてしまうんじゃないか、と不安になってしまうからです。
 だから、何回かデートをして、お互いのことがソコソコ理解できたタイミングで告白していました。また、告白は、意を決して"勝負をかける"ものだとも考えていました。
 当然...毎回フラれ続けて、いつまでたっても彼女ができませんでした。

 後々分かったのですが、この考え方はつまり、"男である自分が勝手に良いと考えていたタイミング"であって、女性が求めるタイミングとは大きくかけ離れていたわけです。

 あるとき私は、ソコソコ女の子と遊び馴れている男友達に相談してみました。すると、彼は私にこんなことをアドバイスしてきたんです。

「最初のデートで押し倒しちまえば良いんだよ! 押し倒すのが、2回目のデート、3回目のデート、と後になればなるほど、フラれる可能性は高くなるんだから。」

...と。

 さすがに私も(そんなバカな! いくらなんでもそれはダメだろう。)と思いました。

 ですが、私にも少しだけ腑に落ちるような部分もありました。
 これまでデートしてきた女性たち...初デートのときと、2回目以降のときとでは、相手の女性から伝わってくる雰囲気が微妙に違っていたことに思い当たったのです。

 2回目以降のデートでは、お互いに馴れてきたせいか、まるで(友達みたいに)リラックスした雰囲気が伝わってきたのですが、初デートのときはどこか緊張感があって...そう、あくまでも感覚的なことなので絶対とは言い切れないのですが、なんとなく初デートのときが一番"恋人同士"っぽい雰囲気が伝わってきていたことに思い当たったのです。

 そして試しに、次に出会った女性から、初デートでムードの良い場所へ一緒に行くようにして、思い切ってキスをしてみたんです。(さすがに"押し倒す"っていうのは、私にはハードルが高すぎました)すると...なんとっ!長年の悩みが一気に解消したのです。そう、その女性とは恋人になれたんです。初デートでキスをした、その日のうちに告白をしたら、念願の"YES"の返事をもらえたんです。

 それ以降も、キスですら無理だったとしても、せめて初デートで"手をつなぐ"程度までクリアしておけば、ほぼ確実に恋人になることができるようになりました。

 初デートのときは、お互いに新鮮な気持ちを抱いています。女性の方も、まだあなたを"恋人候補"か"友達止まり"か決めていません。少なくてもデートに応じてくれたことから、やや"恋人候補"寄りの感情を持っているはずです。この新鮮な感覚が持続しているうちに、つまり、相手が"友達止まり"のジャッジを下してしまう前に、少しでも早く勝負をかけるべきなのです。

 初デートのときには、いきなりキスは無理でも、せめて手をつなぐぐらいはしておく必要があります。人ごみの中を歩いているときや、横断歩道を歩き出すときなど、偶然を装ってでも手を握りにいくのです。
 初デートの新鮮な気持ちのときに、恋人同士でなければ絶対にしない"身体的接触"を持ち、その流れでその日のうちに告白すれば、成功率は極めて高くなるのです。

 ただし、これは"相手による"こともあります。どう見ても真面目そうな女性や、お堅い感じの女性に対してそれをやると、"非常に軽い男"と思われて嫌悪されてしまう可能性があります。そういう女性に対しては、身体的接触は中止して(あくまでも初デートで)言葉で告白するだけの方が良いかもしれません。

≪point.4≫
  1. 勝負を決めるための告白をするのであれば、まだ新鮮さが残っていて、かつ、相手から"友達止まり"のジャッジを下されていない"初デートのとき"にしなければならない。
  2. 初デートのときに、できればキスまで、それが無理ならせめて"手をつなぐ"などの「身体的接触」を持つと、その日のうちの告白の成功率は一気に跳ね上がる。


3.男としての魅力(男らしさ)とギャップについて

 これで、とりあえず交際をスタートさせることができるようになりました。ですが、"異性としての魅力"が少ない男性が、この作戦(出会った直後のタイミングを狙って告白する作戦)を使って恋人を得たとしても、その交際はあまり長続きしないかもしれません。
 そもそもの魅力が少ないのですから、相手の気持ちが醒めてしまうのは時間の問題です。これは仕方ありません。いずれ"化けの皮が剥がれて"しまうということです。

(ただし、相手が交際を"決めた"ということ自体が、女性のモチベーションにも多かれ少なかれ影響を与えますので、絶対に長続きしないとまでは言い切れませんが...。)

 つまり、遅かれ早かれ"男としての魅力(男らしさ)"もシッカリと身につけないといけないということです。

 これまでの話の中で、男としての魅力(男らしさ)についていくつか触れてきました。ここではおさらいも兼ねて、もう一度お話ししたいと思います。

1.強引に引っぱってくれる男性について...
 女性は"責任を取りたくない"気持ちが強い生き物です。また、"責任を取りたくない"という気持ちが、"態度や意志を明確にしたくない"という意識にもつながっています。
 強引に引っぱってくれる男性は、後になって何か都合の悪いことになったときに「強引に誘われたから仕方なく...」と言い訳できる状況を作ってくれる男性であり、自分の態度や意志を明確にしないで済む状況を作ってくれる男性でもあります。
 これはつまり、自分の代わりに責任を負ってくれる"頼りになる男性"、"責任を持つ・責任をとる"という、女性が苦手なことを引き受けてくれる"男らしい男性"とも言えるわけです。

2.余裕のある男性について...
「余裕のある男性」とは「自信のある男性」とほぼ同じ意味になります。そして、そのどちらも女性からモテます。
 女性特有の性質の一つに、"協調性を大切にする"というものがあります。これもまた、数十万年も続いてきた原始時代の男女の役割分担に関係しています。協調性を乱してしまうと、集団から孤立してはじき出されてしまい、それは女性にとって"死"を意味しています。
 このように、協調性を重んじて周囲に合わせることで精一杯な女性にとって、あたかも正解を知っているかのように堂々としている人に対して(この人についていけば〔合わせれば〕良い)と思えて頼もしさを感じるのです。そして、この頼もしく感じる気持ちが男としての魅力(男らしさ)ということになります。

3.決断力のある男性について...
 これもまた、数十万年も続いてきた原始時代の男女の役割分担に関係しています。女性は、失敗をして責任を問われることを極端に恐れます。それゆえ、どうしても慎重になり過ぎて優柔不断になってしまうのです。
 そんなとき、目の前の男性の、失敗を恐れずに何事もパッパとすぐに決断を下す姿に"男らしさ"を感じて魅了されてしまうのです。
 ただし、冷静に考えて、あまり無謀な決断をしているところを見ると、(この人、大丈夫なのかな?)と逆に不安を煽って"頼りない男性"と思われてしまうこともあります。注文する料理ぐらいならそんなこともないでしょうが、何から何まで即決し過ぎてしまうのは考えものです。

 以上、1〜3までは全て「責任を取りたくない=態度や意志を明確にしたくない=優柔不断になってしまう」という女性特有の性質の"逆"を行くことで男としての魅力(男らしさ)を出す方法でした。

≪point.5≫
  1. 「責任を取りたくない=態度や意志を明確にしたくない=優柔不断になってしまう」という女性特有の性質の"逆"を行くことで「男としての魅力(男らしさ)」を出すことができる。
  2. それは「強引に引っぱっていく男性・自信のある男性(余裕のある男性)・決断力のある男性」である。

 では、男としての魅力(男らしさ)を出すためには、他にはどんな方法があるでしょうか。


4.一本筋が通っている(裏表がない)男性について...
 原始時代の女性が生きるためは協調性がとても大事だったので、ときには周囲の状況に合わせて自分の態度をコロコロと変えなければいけませんでした。現代では、一人一人の個性もキチンと尊重される社会になってきたとはいえ、それもせいぜいここ数十年程度のことであり、十数万年つづいてきた原始時代からの名残は、今も女性の心理の中に脈々と受け継がれています。
 女性たちは、"すぐに態度をコロコロと変えてしまう"自分自身に無意識の中で嫌悪感を持っています。そういう態度はあまり良くないことと思っているのです。だから、一本筋が通っている(裏表がない)男性に尊敬の念を抱いて"男らしさ"を感じるのです。
 ただし、一本筋が通っているとはいえ、それが"頑固のレベル"まで行ってしまうのは考えものです。頑固のレベルの男性に対しても女性は本能的に魅力を感じてしまうのですが、やっぱりつき合いにくいし、その他の面でもよっぽど魅力がある男性でない限り敬遠されてしまうでしょう。

5.大胆な行動をする男性について...
 女性は、自分自身があまり目立ち過ぎることを好みません。あまり注目され過ぎると他人からの嫉妬を買って思わぬ罠(わな)にはめられる危険を感じるからです。なので、そんな危険をかえりみず、大胆な行動を起こして堂々としている男性に対して本能的に魅力を感じるのです。
 ただし、女性が男性を選ぶ基準は"本能"だけではありません。たとえ本能では魅力を感じていても、その大胆な行動がモラルに反している場合は、(この人に合わせたら自分も周囲から糾弾されてしまう...)と感じて、同時に"危機感"も抱いてしまうのです。
 近年、飲食店やコンビニエンスストアなどで問題になっている、不適切動画をSNSにアップロードして炎上する若者たちが良い例です。彼らは、ただ単にウケを狙っているだけのつもりでしょうが、その深層心理には(これで女の子からモテたい)という気持ちも潜んでいます。ですが、あれでは完全に裏目に出ているのです。

6.自立している男性について...
 女性は、周囲と協調しながら生きていく生き物です。そのためには、自らが自立することよりも周囲に溶け込むことの方が大事だったりします。そして、出来れば、誰か自立している人に寄り添って、いっしょに歩いていきたいと思っています。
 もはや説明する必要もないかもしれませんが、女性は、結婚や恋愛に対して"いっしょに力を合わせて生きていく"という感覚だけでなく、"この人に寄り添って生きていく"という感覚も持ち合わせています。それができる男性に、女性は男としての魅力(男らしさ)を感じるのです。

 また、男としての魅力(男らしさ)を出すために、この他にもこんな方法があります。

7.肉体的な強さを持つ男性について...
 女性の身体つきは、全体的に丸みを帯びていて、かつ、皮下脂肪がついているために、触るとフワフワと柔らかい触感があります。中には、ダイエットに成功して(ダイエットし過ぎて)皮下脂肪なしで細っそりとした体型の女性もいますが、体質として、男性よりも"女性の方が脂肪がつきやすい"傾向があります。
 逆に、男性の身体つきは、全体的に角ばっていて、かつ、脂肪よりも筋肉がついているために、触るとゴツゴツとした硬い触感があります。中には、食べ過ぎや怠惰な生活習慣によって、脂肪太りの丸っこい体型の男性もいますが、そういう男性は基本的にモテません。体質として、女性よりも"男性の方が筋肉がつきやすい"傾向があるにもかかわらず、脂肪太りで丸っこい体型では、男としての魅力(男らしさ)は限りなくゼロに近いものがあります。

8.精神的な強さを持つ男性について...
 女性は、一つのことに長いあいだ努力し続けるよりも、努力する対象を臨機応変に変化させていくことに長けています。原始時代で言えば、集団生活の中で時々刻々と移り変わる"流行"に敏感に対応しなければいけないのですから、これは当然のことです。
 逆に、男性の場合はやることは一つです。狩りに出て獲物を捕まえることです。そのため、ひたすら肉体を鍛えたり、獲物を捕まえるための技術を磨き続けることが求められていました。
 また、狩りに出て危険な猛獣と戦う機会があるのは男性だったことから、リスクが高いことでも挑戦する勇気を持つことも必要です。
 よって、一つのことにひたすら熱中したり、あらゆる困難に立ち向かう勇気を持つことは、男性であることの象徴でもあったのです。当然、そういった"精神的な強さ"を持つ男性に対して、女性は、男としての魅力(男らしさ)感じるのです。

≪point.6≫
  1. 協調性を重んずる女性特有の性質の"逆"をいく、一本筋が通っている(裏表がない)男性、大胆な行動をする男性、自立している男性も、男としての魅力(男らしさ)を持つ男性として女性から高く評価される。しかし、頑固すぎたり、モラルに反した行動をするとマイナスポイントとなってしまうので要注意。
  2. 全体的に丸みを帯びて柔らかい身体つきの女性とは逆に、角ばっていて筋肉隆々の男性も、男としての魅力(男らしさ)を女性に感じさせる。
  3. 流行に敏感で、努力する対象を臨機応変に変えていく女性とは逆に、一つのことにひたすら熱中する男性や、困難に立ち向かう勇気を持つ男性も、男としての魅力(男らしさ)を女性に感じさせる。

 ここまで紹介した男としての魅力(男らしさ)は、すべて女性特有の性質とは真逆な要素です。では、以下のようなケースはどうでしょうか?

9.笑顔が素敵でいつも優しい男性について...
 人としては好感を得られますが、これは女性にも多く見られる性質であり、女性特有の性質の逆ではないので男としての魅力(男らしさ)とは言えません。取り柄がこれしかない男性は、ただのいい人扱いで終わってしまう可能性が大です。

10.何でもすぐ忘れてしまう男性について...
 一般的に、日常生活の中でのささいな出来事など、男性よりも女性は細かいところまで良く覚えています。(これは男性脳と女性脳の違いが原因と言われています。)逆が良いからといって、何でもかんでもすぐに忘れてしまう男性に対して、女性は(私に興味がないのかな?)とか(記憶力に何か障害があるのかな?)と思うだけで、けっして魅力を感じることはありません

11.心が繊細な男性について...
 これも女性に多く見られる性質であるため、男としての魅力(男らしさ)とは言えません。ですが、一般的に、男性は自分の心が繊細であることを、あまり周囲に悟られないようにしています。それを知っているのは、親友や恋人や家族に限られるのが普通です。
 また、繊細の逆は大胆(大ざっぱ)であり、女性たちは"男性とは大胆(大ざっぱ)な生き物である"という先入観を持っています。そんなとき、自分の恋人である男性の心が繊細であることを知ったとき、一般的な男性のイメージとのギャップ効果が生まれるのです。
 そして、"心が繊細な男性=心が優しい男性"というイメージにつながり、けっして、男としての魅力(男らしさ)ではないにもかかわらず、高い評価を受けることになります。

 つまり、女性特有の性質の逆が良いからといって、それが"悪い要素"になってしまえば魅力にはならないということです。また、笑顔が素敵でいつも優しい男性についても、それが通常運転だった場合は、やはり男としての魅力(男らしさ)にはなりません。ところが、心が繊細な男性のように、その相手を深く知ることで見えてくる要素は、たとえ男としての魅力(男らしさ)ではなかったとしても、ギャップ効果が生まれて高い評価を受けるのです。

 以下の2つの文章を読み比べてください。どんな感じがしますか?

  • @.ロリコン変態男が、実は、やり手の青年実業家だった。
  • A.やり手の青年実業家が、実は、ロリコン変態男だった。

 果たして、どちらにより良い印象を受けますか?
(ロリコン変態男の時点で両方ともダメダメですが、強いて言えば...です。)
 当然、@番だと思います。

 つまり、気をつけなければならないことは、見せるギャップは普段のイメージよりも好印象なものにしなければならないということです。これがギャップ効果の基本です。効果的なギャップは、"良いイメージの魅力"を最初に出したときに生まれるのです。

≪point.7≫
  1. 女性特有の性質の逆が良いからといって、それが"悪い要素"になってしまえば魅力にはならない。
  2. 効果的なギャップは、"良いイメージの魅力"を最初に出したときに生まれる。

回答者:木ノ下涼

人間関係と恋愛相談のトップページに戻る


■ その他のお悩み

・恋人が出来ずに悩んでいます...
 恋人が出来ずに悩んでいます。出会いがないわけではなく、女性ともすぐに仲良くなれるのですが、何回かデートをしてからタイミングを見て告白すると、いつもフラれてしまいます。相手からの返事はいつも「友達のままがいい」とか「人としては好き」といった感じです。少し突っ込んで理由を聞くと「異性としての魅力がない」という答えが返ってくることもありました。どうすれば異性として見られて恋人が出来ますか?(23歳男性)

・友人や知人の嬉しい話や幸せな話をまったく喜べません...
 友人や知人の嬉しい話や幸せな話をまったく喜べません。その場はとりあえず「すごーい。良かったね!」などと返しますが、心の中では(自慢話なんかして、バカじゃないの?)と思ってしまいます。こんな心の狭い自分がイヤになります。どうすれば良いですか?(37歳女性)

・幸せになるにはどうすれば良いか分かりません...
 幸せになるにはどうすれば良いか分かりません。毎日毎日、自宅と会社の往復だけで、もう何年も、幸せな気持ちや楽しい気持ちになった記憶がありません。仕事にやりがいを感じているわけでもなく、これといった趣味もありません。将来に向けた目標や夢もありません。どうすれば幸せになれますか? そもそも、幸せって何なのでしょうか?(30代女性)

・好きな人が出来ずに困っています...
 好きな人が出来ずに困っています。キュンキュンしたりドキドキする異性が身の周りに一人もいません。新しい出会いがないわけでもなく、学生の頃などは、異性と出会えばすぐに好きになったりしていたのですが、もう5年近く異性にトキメくことがありません。恋もしたいし、いずれは結婚もしたいと思っているのですが...(29歳女性)

・女性と話すのが苦手です...
 女性と話すのが苦手です。小学校・中学校・高校の頃の友達はすべて男ばかりで、女友達ができたことはありません。もちろん、彼女ができたこともありません。そもそも女の子と何を話したら良いのか分かりません。マレに何か用事があってイザ話そうとしても、緊張して言葉に詰まってしまいます。(18歳男性)


■ 回答者紹介

木ノ下涼 ( kinoshita ryo )
 山梨大学工学部を卒業後、ラポール(=親密な関係)を基調としたコミュニケーション術を学び、建設業・内装業・営業職・塾の講師・警備員など数々の職歴を持つ。「チビ(152cm)・老け顔・口下手」の三重苦により、将来を悲観しながら青春時代を過ごすも、役に立たない恋愛マニュアル本を捨てて"手探り"で自らの改造に着手する。数年後には「恋愛上手・合コンマスター・高確率のナンパ師」への変身に成功する。
 延べ300人を超える恋愛経験やナンパ経験、その他、友人・知人・著名人の恋愛事情を分析し、独自の恋愛理論を展開。著書に『蜜柑寮〜キミを奪う天使とボクを救う悪魔〜』『今日から始める恋人づくり〔上・下〕』などがある。
 また、子どもの頃から環境問題に関心を持ち、世の中の人々は「幸福を感じている人しか環境に配慮した生活を選ばない(選べない)」ことに気づき、恋愛・人間関係の側面から多くの人々の幸福感を底上げすることで、環境問題解決の一助になればと考えている。


books
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -

トピックス

topics


メールマガジン登録

お名前(ハンドルネーム可)

メールアドレス



ご意見・ご感想メール


広告サイト

ガリレオ占星術
 西洋占星術の新解釈〜ガリレオ占星術

広告募集