人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -
優しい男に振られる女
http://pata.cocotte.jp
複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト

優しい男に振られる女

  優しい男性が別れ話を切り出してくるのはいつも突然です。別れを決断するその直前まで彼女のことを大切にしようとするからです。それゆえ(別れの)危険予知は極めて難しいものになります。ですが、その前兆はあったはずです。優しい男性は(言葉にはしませんが)ハッキリとその前兆を示します。にもかかわらず、「優しい男性が好き」という女性は不思議とその前兆に気づくことができないのです。


優しい男に振られる女の3つの傾向

   優しい男性とつき合って得られる最大のメリットは安心感です。しかし、実はその安心感こそが"最大のくせもの"なのです。彼に対する思いやりを忘れ、自分のことにしか意識が向かなくなったとき、その安心感は油断へと変化していくのです。

優しい男にフラれる女性の傾向
 とりわけ「優しい男性が好き」という女性に多くみられる傾向として、愛情表現不足・甘え過ぎ(自分勝手やワガママ)・無償の愛への幻想の3つがあげられます。

 ある程度の経験を積んでもなお「クールな男性が好き・ツンデレ男が好き」という女性ならば不思議と犯すことのないこのような失敗を、「優しい男性が好き」という女性は犯してしまうのです。

≪優しい男に振られる女性の傾向≫
  1. 愛情表現不足
  2. 甘え過ぎ(自分勝手やワガママ)
  3. 無償の愛への幻想

愛情表現不足

「2.優しい男が別れを意識するとき」でも触れましたが、愛されている実感に酔いしれてしまい、ついつい自分から相手に愛情表現するのを忘れてしまいます。安心感からくる危機感のなさが問題なのです。

男女の脳の違い
 ちなみに、言葉で伝える愛情表現は男性に対して効果は薄いです。なぜなら、男性脳と女性脳の研究から、男性よりも女性の方が言語能力が高いからです。(これは一般的な傾向であり、個人差はありますが。)

 もう少し詳しく説明すると、感情を司る(つかさどる)右脳と思考を司る左脳とを繋ぐ「脳幹」というものが、男性よりも女性の方が太い傾向があるからです。

 脳幹が太い女性は、いったん左脳(思考)に入ってきた"愛情表現の言葉"が素早くスムーズに右脳(感情)に送られるため、言葉のみで満足感を得られやすいのです。

 一方、脳幹が細い男性は、たとえ言葉で愛情表現されても、右脳(感情)へ送られるまでのタイムラグがあり、その間に左脳(思考)で、(どうせ口だけなんじゃないの?)とか (まあ、たぶんリップサービスでしょ。) といった左脳による判断が加わるため、言葉による愛情表現を受け流してしまう傾向が強いのです。

 だから、男性に対しては行動や態度による愛情表現が不可欠なのです。すべて彼まかせで積極性に欠ける態度が、優しい彼氏との関係にとって"命取り"になるのは、男女の脳の違いからも説明できるのです。

 彼の心が離れてしまってからでは、もはや言葉でどんなに愛情表現しても無意味です。(言葉と態度が違うし...)と思われてしまうだけです。あなたからの「積極的な行動」や「心を込めた態度」で挽回するしかありません。(おそらく一度や二度で取り返せることはないでしょう。長い時間をかけて根気良く続ける必要があります。)

甘え過ぎ(自分勝手・わがまま)

 どんなに甘えても、どんなにワガママを言っても、優しい彼氏があなたを許してくれること自体に喜びを感じていませんか? まるで自分がお姫様にでもなったような気分にさせてくれる優しい彼氏が、とても素敵に映ってしまっているのかもしれませんね。まるで"白馬の王子さま"のように...。

 ですが、こういった「シンデレラ・コンプレックス」に満ちた感情にいつまでも溺れてしまっていると、優しい彼氏の心はいつか遠ざかってしまいます。

(彼女は、自分が「愛されている快感」が好きなだけであって、俺自身のことが好きなわけではないんだろうな...。)

...彼の脳裏にこんな言葉が浮かんでからでは遅すぎます。

 自分勝手は絶対にダメです。ある程度のワガママは良いかもしれませんが、自分がワガママを言った分だけ、彼に優しくしたり、積極的に思いやりのある言動をとる必要があるのです。

無償の愛への幻想

 愛されている実感に酔いしれて「愛情表現不足」になることも、お姫さま気分で「自分勝手な言動やワガママを繰り返す」ことも、「彼は自分に無限の愛情を注いでくれる存在である」という、誤った認識をしていることを意味しています。つまり、優しい彼氏に無償の愛を期待しているのです。

 優しい男性だって(無意識の中で)「彼女からの愛情が欲しい」という見返りを求めています。にもかかわらず、勝手に無償の愛の持ち主(=理想像)を当てはめてしまい、ひたすらそう思い込もうとしているのです。つまり、「本当の彼を知りたい」という気持ちが麻痺してしまっているわけです。

「恋は謎めいている方が刺激的」とよく言われますが、これは(相手のことをもっとよく知りたい)という欲求が刺激されるからです。決して「相手のことなど知らなくても良い」という意味ではありません。自分の理想像を勝手に相手に当てはめて自分だけの幸福感に酔いしれているようでは、優しい彼氏からの突然の別れ話が出るのも時間の問題になってしまいます。


次ページは→無償の愛は存在するか?

もくじ

books
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -
もくじ

トピックス

topics
topics


メールマガジン登録

お名前(ハンドルネーム可)

メールアドレス



ご意見・ご感想メール