人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -
リトルリフル トップページ
https://littleriffle.info/
複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト

男って、絶対に浮気するじゃん...の真相

 女性は、優秀な男性(=優秀そうな男性)を求めます。ひと言で"優秀"と言っても、身体能力が高い男性(スポーツマンや健康な男性)・優秀な頭脳を持つ男性(エリートや高学歴)・容姿が美しい男性(イケメン)など、さまざまなタイプがありますが、女性にとって、とりわけ魅力的に映るのは「繁殖能力が強そうな男性」です。多くの女性が(絶対に)浮気をされてしまう原因の一つは、浮気願望がない男性(=繁殖能力が弱そうな男性)には目もくれず、浮気願望が強くて行動力もある"繁殖能力が強そうな男性"に、知らず知らずのうちに引き寄せられてしまっているからなのです。


恋愛感情の起源(心理学的な見地)

 実は、『2.恋愛感情の起源(生物学的な見地)』であげた「優秀な遺伝子を持つと思われる男性の例」の中に、心理学的な見地に関係が深いものが1つだけ含まれていました。それは...

5.心が強い男性(意志が強い・物事に動じないなど)=心が強い子どもが生まれるDNAを持っている

...です。

物事に動じない男性
 とりわけ「物事に動じない男性」は女性にモテます。
 言い換えれば「精神的に余裕のある男性」とも言えるのですが、以下のような理由があげられます。

1.頼りがいがある。
2.一緒にいると落ち着く・安心する。
3.(女性の側が)自由でいられる。

「頼りがいがある」と「一緒にいると落ち着く・安心する」については特に説明の必要はないでしょう。
「(女性の側が)自由でいられる」については、たとえば「変な束縛を受けない」とか「変に気を遣う必要がない」とか「何かミスをしても許してもらえる」とか、そういったことと考えてください。

 これらの要素を持つ男性は、遺伝子的な影響を抜きにしても女性に好まれます。

 では、精神的に余裕のある男性とはいったいどんな男性なのでしょうか?
 ここでは、"恋愛に関して"精神的に余裕のある男性の例をあげてみようと思います。

≪(恋愛に関して)精神的に余裕のある男性の例≫
  1. もともとの性格がそういう人。
  2. 恋愛以外のことで何か「絶対的な自信や余裕」を持っている分野がある。経済的な余裕、地位や名誉、仕事や趣味など。その自信が恋愛にも影響を与えている。
  3. 恋愛よりも大切なものが他にあり、恋愛は二の次と考えているので、特に切羽詰まっていない。
  4. 恋人の気持ちが変わらないことを確信しているので、気持ちに余裕を持っている。(根拠あり※1)
  5. 恋人の気持ちが変わらないことを確信しているので、気持ちに余裕を持っている。(根拠なし※2)
  6. その恋人の他に何人もつき合っていて、しょせんナンバー2・ナンバー3程度と思っているので、たとえフラれたとしても大勢に影響はないと考えている。(二又三又男・浮気男
  7. たとえ恋人を失ったとしても、すぐにまた他の相手を探すことができるので余裕がある。(ナンパ男
  8. 基本的に女性を見下していて、恋人を「アクセサリー」か「性処理の道具」としか思っていない。または、恋愛を一種のゲームとして楽しんでいるだけ。(自信過剰の傲慢男
    などなど...
  • ※1:根拠あり…気持ちが通じ合っている、または、深い洞察力があって相手の気持ちが良く分かっているため。または、彼女の側からの愛情表現が充分であるため。
  • ※2:根拠なし…過去の経験から、自分がモテることを知っているため。必ずしも、現在の恋人の心が分かっているワケではない。

 1番〜4番までは、まあ良いのではないでしょうか。
 こういった男性が持つ「精神的な余裕」に好意を抱くのは特に問題はないでしょう。ただ、3番のように"二の次"と考えられているのはチョッピリ寂しい感じもしますが...。
 5番は状況によりけりでしょう。過去の恋愛経験が豊富なのかもしれませんが、いわゆる"自信過剰"になっている可能性があります。もしもそうであれば、あまり好ましい態度ではありません。

浮気男がモテるカラクリの図
 問題は、6番「二又三又男・浮気男」や7番「ナンパ男」や8番「自信過剰の傲慢男」です。

 これらの男性は恋人のことをあまり大切に思っていません。にもかかわらず、女性はその「大切に思っていないゆえの、精神的な余裕」に惹き付けられてしまうのです。

 さらに悪いことに、1番から8番までの「精神的に余裕」のある男性たちの中で、女性たちの本能にもっとも魅力的に映ってしまうのが、この"6番・7番・8番の男性"なのです

 これは、前出の生物学的な見地における「繁殖能力が強い男性」というDNA的な要素が加わっているからです。

(独身時代はぜんぜんモテなかったのに、結婚した途端にモテるようになった)という友人が、私の身の周りに何人もいます。この原因は、"一人の女性を確保"したことによって「精神的な余裕」が生まれ、さらに"結婚"したことによって「確率の高い繁殖能力」を得たからだと考えれられます。

 また、ときどき(友達の彼氏を奪いたい。友達の夫を寝とりたい。隣の芝生は青く見えるから。)といった趣味の女性がいますが、このような「略奪愛願望」の裏側には、(すでに友達の彼氏・友達の夫なので、自分に対しては気持ち的に余裕を持って接してくる)ことに、異常なまでの魅力を感じてしまう深層心理が潜んでいるのです。


思考と、感情や本能とのギャップ

 ここまでの話をまとめます。
 二又三又男・浮気男やナンパ男・自信過剰の傲慢男、既婚男性が女性にモテる理由は以下の通りです。

  1. 無意識の中で女性の本能が"繁殖能力が強いDNAを持っている"と感じ取るから。(生物学的な見地)
  2. 女性に対する(大切に思っていないゆえの)精神的な余裕を感じて"頼りがい"と"安心感"を抱き、"自由な気分"になれるから。(心理学的な見地)

(男性は、結婚するとモテるようになる)の例からも分かるように、一人の女性を確保すると、その男性の周りには女性が近づいてくるようになります。無意識の中で「繁殖能力が高い」と判断され、さらに「精神的な余裕」も加わることによって、見事に"モテる男性へと変身"を遂げるのです。さらに、女性を引き付け始めたその姿が、周囲の女性の無意識に「繁殖能力が"極めて"高い」とますます訴えかけるようになり、加速度的にモテモテ男になっていきます。要するに、モテる男性の"モテている姿"自体が、さらなる魅力になっているとも言えるのです。

 逆を言えば、モテない男性は"モテない姿"自体がますます魅力を失う原因にもなっているということです。何らかのキッカケをつかんで最初の1人(の女性)を確保するまでは、いつまでたっても"モテないままの悪循環"が続いていくというわけです。

 もちろん、中には、

「他の女とつき合っている男性には興味がない。あまりモテる男性だと心配だからイヤ。」

 と言う女性もいるでしょう。きっと多いと思います。

思考と本能とのギャップの図
 ですが、しょせんそれは頭の中で考えていることです。
 "感情"や"本能"が魅力を感じてしまっているものを、"思考"でどんなに抑えつけようとしても限界があります。

 仮に、そういった男性(他につき合っている女性がいる=モテる男性)から「本当に好きなのは君だけ。君がいれば他の女はいらない。君だけを一生愛する。」のように真剣に告白されたとして、その言葉をウッカリ"真実"だと認識してしまったとしたら、はたしてその女性はどこまで拒むことができるでしょうか?

 その男性の恋人が親友だった場合など、よっぽどリスクが高い場合を除けば、おそらく拒むことができる女性は少ないのではないでしょうか?

 何故なら(興味がない・心配だからイヤ)と頭で考えながらも、その男性に「繁殖能力が高い」という本能的な魅力と「精神的な余裕」からくる心理的な魅力をシッカリと感じてしまっているのですから。


次ページは→彼氏に浮気されるループから脱するために

もくじ

books
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -
もくじ

トピックス

topics
topics


メールマガジン登録

お名前(ハンドルネーム可)

メールアドレス



広告サイト

ガリレオ占星術
 西洋占星術の新解釈〜ガリレオ占星術