人間関係・恋愛のデータ集 人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト Little Riffle(リトルリフル)のロゴマーク
ホームページアドレス〔https://littleriffle.info/〕とメールアドレス〔info@pata.cocotte.jp〕の画像
複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト

人間関係・恋愛のデータ集

 当サイトで使用している人間関係・恋愛のデータ集です。中には、他社・他団体の調査に基づくデータもありますが、大半は当社が独自のアンケート調査を行なった結果に基づくデータです。


いい人の特徴 〜ただのいい人の特徴と嫌われる人の特徴より〜

 まずは「ただのいい人」の特徴をいくつかあげてみましょう。

ただのいい人の特徴のグラフ
  • いつも笑顔でニコニコしている
  • 絶対に怒らない
  • 相手を怒らせるようなことも言わない
  • いつも親切でとてもやさしい
  • 自分の意見をほとんど言わない
  • 相手や周囲に合わせるのが得意
    ...などなど。

 上記のような「いい人」といっしょにいると、とりあえず・・・・・とても安心します。
 相手に安心感を与えることは、人と人とのつき合いの中ではとっても大切なことです。そしてそのことを、いい人は充分に理解しています。理解しているからこそ、そのように振る舞えるのです。

 しかし、無意識の中で、いい人に対して相手は安心感のほかに何か別のものも感じています。
 上記にあげたそれぞれの特徴に「この人は何故...」と「...のだろうか?」の言葉を付け加えると何となく分かってきます...

 つづきは、いい人がモテない理由とは?をご覧ください。


嫌われる人の特徴 〜嫌われる人の特徴より〜

 それでは、「嫌われる人」は、いったいどんな人なのでしょうか? 一般的なものとして、いくつか特徴をあげてみましょう。

嫌われる人の特徴のグラフ
  • わがままで自分勝手
  • 協調性がない
  • 必要以上に他人に干渉したり詮索する
  • 乱暴で攻撃的な性格
  • エコひいきする
  • 強い人や偉い人に媚びる
  • 暗い
  • 冷たい
  • 意地悪で嫉妬心が強い
  • 自分に甘く、他人に厳しすぎる
    ...などなど。

 上記のような人が嫌われるのは、いい人であれば誰もが知っています。そして、いい人は自分はそうならないようにいつも気をつけています。だから、一見いっけん、いい人は上記のどれにも当てはまりません。
(※「暗い」の代わりに「おとなしい」であれば、当てはまっている人はたくさんいますが...。)

 ただ...本当に当てはまってないのでしょうか?...

 つづきは、いい人がモテない理由とは?をご覧ください。


好かれる人の特徴 〜好かれる人の特徴より〜

それでは「好かれる人」とは、いったいどんな人なのでしょうか?
以下に、一般的な特徴をあげてみます。

好かれる人の特徴のグラフ
  • いつも元気で明るい
  • 他人に思いやりがある
  • 物事に積極的に取り組む
  • 責任感がある
  • どこか余裕を感じる(頼りがいがある)
  • 喜怒哀楽が分かりやすい
    ...などなど。

 また、中には上記の要素が欠けていても、多くの人から好かれる人もいます。たとえば、お金持ちやスポーツ選手、知識人、有名人、ずば抜けて仕事(勉強)が出来る人...などです。(ただし、そこを鼻にかけて傲慢ごうまんな態度を取る人は、逆に嫌われます。)

 周りから好かれる人は、どこかエネルギッシュなオーラ(雰囲気)を放っています。そして、心の根底に確固たる自信を持っています。スポーツ選手や有名人、知識人、仕事(勉強)が出来る人などは、非凡な才能があるのだから当然といえば当然かもしれません。ある意味、こういう人たちは常に周りの人に元気や勇気(エネルギー)を与えているとも言えます。

 つづきは、いい人がモテない理由とは?をご覧ください。


男性に恋愛感情を持つときに影響を与える要素 〜女性はみんな、クールな男性が好き?より〜

 特に男性の場合「いい人は女性にモテない。」とよく言われます。普通に考えれば、悪い人よりも良い人の方が好まれるし、好まれないよりは好まれる方がモテるんじゃないかと思うのですが、恋愛についてはそんな単純な話ではないようです。

男性に恋愛感情を持つときに影響を与える要素のグラフ
 しかも、これは男性に限った話ではなく、女性にも近いことが言えそうです。魅力的な女性の代表として「小悪魔」という言葉があるように、少しぐらい悪い方が異性から魅力的に見られるようです。

・ツンデレな女性は、男性を魅了します。
・基本的にクールで、ときどき優しい一面を見せる男性は、女性を魅了します。

 とりわけ、いい人扱いされて女性から恋愛対象として見られない男性は、この"クールさ"が足りないとも言えます。しかし、その一方で「やさしい人が好き」と言う女性が大勢いるのも確かであり、なんとも矛盾しているようにも感じます。
 実はこの"矛盾"の正体は、男性がイメージするやさしさと女性がイメージするやさしさとの違いが生み出しているものなのです。

 つづきは、いい人がモテない理由とは?をご覧ください。


恋愛マニュアル本が役に立ったかどうか 〜恋愛マニュアル本は、あまり役に立たないより〜

恋愛マニュアル本で役に立った人の割合のグラフ
 もしかしたら、あなたも手に取って読んでみたこともあるかもしれない、ちまたにあふれる『恋愛マニュアル本』に書いてある内容は、要するに「これ(=演技)をやってください。」と言っているわけです。そうなんです、マニュアル本には「どのように演技すれば良いのか?」が書かれているのです。

 また、マニュアル本に書いてある通りに行動するのは、普通の人にはまず不可能です。それが出来るのは、普段から充分に女性にモテていて、そこそこ自信もあり、本来『恋愛マニュアル本』など読む必要がないような男性だけです。
 すでに『恋愛マニュアル本』に書いてあることに近い行動パターンを、無意識のうちにとっている男性だけが実践できる内容になっているのが、一般的な『恋愛マニュアル本』の特徴なのです。

 また、仮に演技が上手くいったとして、それで恋人が出来たとしても、その恋を長続きさせるためにはさらに高度な技術(テクニック)が必要になります。また、仮に、その高度なテクニックをなんとか駆使して長続きさせることができたとしても、おそらく、恋愛によって本来 得られるはずの幸福感は極めて少ないものになるでしょう。なにしろ、自分の正体が「いい人」であることを、細心の注意を払って延々と隠し続けなければならないのですから...

 つづきは、いい人がモテない理由とは?をご覧ください。


浮気に対する意識調査@ 〜「男って、絶対に浮気するじゃん。」より〜

 テレビでトーク番組などを見ていると、女性芸能人がこんなコメントをするのをよく耳にします。

「男って、絶対に浮気するじゃん。」

 私(筆者)自身も、つき合った女性に「浮気をしない人とつき合うのは(あなたが)初めて」と言われたことが過去に何度かあります。また、女友達から受ける相談の中にも「いつもいつも彼氏に浮気をされてしまう」といった内容がとても多いです。
(※ちなみに、私は基本的に浮気はしません。浮気が嫌いだからです。するのもされるのも嫌いですが、どちらかといえば「浮気される」よりも「(自分が)浮気する」方が嫌いです。罪悪感を感じるからです。)

浮気に対する意識調査の集計結果
 実際に、世の中の多くの女性が彼氏の浮気に悩まされているのが現状のようです。

 ですが、こういった話にはどうしても違和感を感じてしまうのです。 一般的な男性であればすぐに分かると思うのですが(そもそも、浮気をするような男って、そんなに多いかなぁ?)と思うのです。

 平成21年に、弊社が行なった浮気に対する意識調査(街頭アンケート)によると、図のような結果が出ています。(※被験者426人)

 「基本的に浮気をするつもりはない」と「絶対に浮気はしない」を合わせると、全体の68%を占めています。つまり、全体の約7割は「浮気をしない男性」であり、約3割が「浮気をする男性」である、という結果が出たのです。

 おかしいとは思いませんか?...

 つづきは、男って、絶対に浮気するじゃん...の真相をご覧ください。


浮気に対する意識調査A 〜恋愛格差についてより〜

浮気に対する意識調査(恋人がいる場合といない場合)の集計結果
 そこで、先ほどのアンケートの結果をさらに詳細にデータ分析してみました。すると、図表のような結果が出てきました。

 お分かりいただけるでしょうか?
 恋人がいる男性は約7割が浮気をする男性約3割が浮気をしない男性)であり、恋人がいない男性は約1割が浮気をする男性約9割が浮気をしない男性)という結果が出たのです。

 これはある意味、

  • 浮気ができるほど「魅力的な男性」だから
    →恋人がいる
  • 浮気どころか「魅力がない男性」だから
    →恋人がいない

 とも言えそうですが、
 実はそんな単純な話ではありません。

 また、

  1. 魅力的な男性だから→恋人もいるし→浮気もできる〔=よって、浮気願望が生まれる〕
  2. 魅力がない男性だから→恋人もいないし→浮気もできない〔=よって、浮気願望が生まれない〕

 ということでもありません。

 あくまでも、積極的に浮気をする気持ちがあるか・ないかの話なのです...

 つづきは、男って、絶対に浮気するじゃん...の真相をご覧ください。


モテない男(こういう男とはつき合いたくない)の特徴 〜なぜ、モテる男とモテない男が存在するのか?より〜

 まずは、一般的に女性に「モテない男の特徴」をいくつかあげてみましょう。(図は、10代から40代の一般女性を対象としたアンケート結果です。)

モテない男(こういう男とはつき合いたくない)の特徴のグラフ
≪A(モテない男の特徴)≫
  • チビ
  • ブサイク
  • デブ
  • ハゲ
  • ダサいファッション
  • 低学歴
  • 低収入・非正社員
  • 口下手
  • 運動音痴
  • 清潔感がない
  • 性格が暗い
  • 優柔不断
    などなど...

 これらの中で、努力によって充分に改善できる要素は、「デブ・ダサいファッション・清潔感がない・性格が暗い・優柔不断」です。デブはダイエットをすれば改善できますし、ファッションや清潔感は"知識"と"心がけ"で充分に改善できます。性格については少々時間がかかることもありますが、ゆっくりあせらず粘り強く努力すれば変えることができます。

 また、努力によってある程度なら改善できる要素は、「ハゲ・低学歴・低収入・非正社員・口下手・運動音痴」といったところでしょうか。ハゲは、植毛や増毛・カツラ・スキンヘッド等である程度の改善や対策がとれますし、低収入については頑張って働くことで多少の改善は見込めますし、チャンスを生かすことができれば正社員への道も開けるかもしれません。口下手や運動音痴についても、訓練しだいである程度は改善できます。

 次に、一般的に女性に「モテる男の特徴」をあげてみます。(図は、10代から40代の一般女性を対象としたアンケート結果です。)

モテる男(こういう男ならつき合いたい)の特徴のグラフ
≪B(モテる男の特徴)≫
  • イケメン
  • 高身長
  • ファッションセンス良し
  • 高学歴
  • 高収入・一流企業・公務員
  • コミュニケーション能力が高い
  • スポーツマン
  • 爽やかな笑顔
  • 明るい性格
  • やさしい
  • 面白い
  • 頼りがいがある
    などなど...

 仮に、現在のあなたが「A(モテない男の特徴)」のすべてに該当する男性だったとして、女性からモテたいために少しでも多く「B(モテる男の特徴)」に近づくよう努力したとします。
 中には、チビ・(骨格的な意味での)ブサイクなど、努力ではどうにもならないものもありますし、すでに学生時代を終えて社会人になっている人であれば、今さら学歴を上げるのは現実的に難しいと思います。ですが、努力で何とかなるものは努力で改善していくこととします...



モテる男の3つの系統 〜モテる男とモテない男を左右するものより〜

 女性にモテる男の特徴には、大きく分けて「3つの系統」に分類することができます。

モテる男の3つの系統イメージ画像
  1. 優秀系…高身長・高学歴・一流企業・スポーツマンなど
  2. 快感系…やさしい・面白い・コミュニケーション能力が高い・爽やかな笑顔・明るい性格など
  3. 優秀-快感の両方…イケメン・高収入・ファッションセンス良し・頼りがいがあるなど

 女性にモテるためには「優秀な男(優秀系の特徴)」または「女性に快感を与えられる男(快感系の特徴)」のどちらか(または両方)の要素を持つことが必須条件です。
 しかし、快感系の特徴は多く持っているけど、優秀系の特徴が極めて少ない男性の場合は、好意を持たれる・人気者になる・同性異性にかかわらず友達が多い、といったことはあっても、なかなか恋愛にまで発展しないケースがしばしば見うけられます。

 やはり、優秀系の特徴を1つでも多く持つことが、女性にモテるための絶対的な必須事項なのかもしれません...



第一印象の大切さ 〜第一印象についてより〜

 男女の出会いにおいて、それが恋愛にまで発展するかどうかを分ける重要なポイントの1つに「第一印象」というものがあります。第一印象は、出会った瞬間から最初のわずか15秒で決まってしまうと言われています。

第一印象の大切さグラフ
 また「お見合いなど」の場では、事前に相手に関するさまざまなデータを知ることができるので、あらかじめ"優秀系の要素"をどのくらい持っているのか分かったうえで会うことになります。優秀系の要素をそれなりに持っている男性であれば、たとえ第一印象が少しぐらい悪かったとしても、会話を続けていくうちに挽回ばんかいするチャンスは何度でも巡ってきます。

 しかし、事前に相手のデータを知ることができない日常的な出会いでは「第一印象」がとても重要になってきます。

・・・たった15秒です。

 身なりをキチンと整えておくことは当然として、あとは笑顔と、明るく元気な声と、ええと、それから...



モテるチビとモテないチビの比率 〜自信を持てと言われても...より〜

モテるチビとモテないチビの比率グラフ
 だけど...
 チビ・デブ・ハゲなのに自信を持て?...顔がとてもブサイクなのに自信を持て?...非正社員でロクに人と会話もできないのに自信を持て?...今まで女性からモテたことなんか一度もないのに自信を持て?...

そんな無茶な話はありません!

 誰かに「自信を持て!」と言われて、「ハイ分かりました。」と簡単に自信が持てるのなら誰も苦労はしません。
 自信を持つためには、それ相応の「根拠」や「実績」などの裏付けが"必ず"必要であり、たとえば、スポーツの世界で言えば、勝ち続ければ自信がつくし、負け続ければ自信を失う...といった、そういった過程を踏んで初めて自信というものは芽生えてくるものなのです。


 中には、チビ(低身長)というコンプレックスを「不退転ふたいてんの努力」へと転化してその他の要素を向上させ、自分なりの自信を獲得し、見事にモテる男へと変身を遂げた人もいます。 (=執筆者である私です。身長が152cmしかなく、顔も老け顔〔オジサン顔〕です...