モテる男とモテない男を左右するもの 人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル)- 〜
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト Little Riffle(リトルリフル)のロゴマーク
ホームページアドレス〔https://littleriffle.info/〕とメールアドレス〔info@pata.cocotte.jp〕の画像
複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト

モテる男とモテない男を左右するもの
〜チビ・デブ・ハゲ・ブサイクなど容姿がさえない男のための3つのモテる秘訣 A 〜

 女性にモテるためには「優秀な男(優秀系の特徴)」または「女性に快感を与えられる男(快感系の特徴)」のどちらか(または両方)の要素を持つことが必須条件です。しかし、快感系の特徴は多く持っていても、優秀系の特徴が極めて少ない男性の場合は、好意を持たれる・人気者になる・同性異性にかかわらず友達が多い、といったことはあっても、なかなか恋愛にまで発展しないケースがしばしば見うけられます。


モテる男とモテない男を左右するもの

 女性にモテる男の特徴には、大きく分けて3つの系統に分類することができます。

モテる男の3つの系統イメージ画像
  1. 優秀系…高身長・高学歴・一流企業・スポーツマンなど
  2. 快感系…やさしい・面白い・コミュニケーション能力が高い・爽やかな笑顔・明るい性格など
  3. 優秀-快感の両方…イケメン・高収入・ファッションセンス良し・頼りがいがあるなど

 女性にモテるためには「優秀な男(優秀系の特徴)」または「女性に快感を与えられる男(快感系の特徴)」のどちらか(または両方)の要素を持つことが必須条件です。しかし、快感系の特徴は多く持っているけど、優秀系の特徴が極めて少ない男性の場合は、好意を持たれる・人気者になる・同性異性にかかわらず友達が多い、といったことはあっても、なかなか恋愛にまで発展しないケースがしばしば見うけられます。

 やはり、優秀系の特徴を1つでも多く持つことが、女性にモテるための絶対的な必須事項なのかもしれません。

 女性から好意を持たれる特徴には、優秀系・快感系・優秀-快感の両方の3タイプがある。この中で、恋愛においてもっとも優位に働くのは優秀系である。

第一印象について

 一方、男女の出会いにおいて、それが恋愛にまで発展するかどうかを分ける重要なポイントの1つに「第一印象」というものがあります。第一印象は、出会った瞬間から最初のわずか15秒で決まってしまうと言われています。

第一印象の大切さグラフ
 たとえば「お見合いなど」の場では、事前に相手に関するさまざまなデータを知ることができるので、あらかじめ優秀系の要素をどのくらい持っているのか分かったうえで会うことになります。優秀系の要素をそれなりに持っている男性であれば、たとえ第一印象が少しぐらい悪かったとしても、会話を続けていくうちに挽回ばんかいするチャンスは何度でも巡ってきます。

 しかし、事前に相手のデータを知ることができない日常的な出会いでは「第一印象」がとても重要になってきます。

・・・たった15秒です。

 身なりをキチンと整えておくことは当然として、あとは笑顔と、明るく元気な声と、ええと、それから...

...何しろたった15秒です。そんなに短い時間では、コミュニケーション能力の高さとか、面白さとかやさしさとか、そういったものを伝えることはできません。ましてや学歴や勤務先や収入に関することなど、まったく相手に伝えようがありません。(※もしも、出会った瞬間からイキナリ、自分の学歴や勤務先や収入のことを15秒以内で早口にしゃべり出したら、相手はビックリして呆気あっけに取られてしまうでしょう。)

 では、いったい何ができるというのでしょうか?

第一印象は何で決まるかグラフ
 その重要な15秒のあいだに、第一印象を良くするためにどんな策を講じることができるでしょうか...?

 ほとんど何もできません。せいぜい「笑顔」とか「明るく元気な声」とかを心がけるので精一杯です。それ以外は普段のあなたがそのまま出てしまいます。目線とか仕草しぐさとか全体的な雰囲気とか...

 女性は「優秀な男」に対して恋愛感情を抱きます。「自分に快感を与えてくれる男」に対して好意を抱きます。しかし、たった15秒の第一印象では、そのどちらも知ることはできません。
 だから、五感をフルに働かせて、顔の表情や目線・仕草・声のトーン・話の内容・雰囲気などから(優秀な男なのかどうか?)(自分に快感を与えてくれる男かどうか?)を判断しているのです。

 女性は、第一印象で相手を見抜く能力が、男性よりも優れています。物心ついた頃から恋愛のことや将来のことを漠然ばくぜんとしつつも考え始め、それこそ男の子よりもかなり早い段階で、女の子は、自分自身の幸・不幸こう・ふこうに、将来 結ばれる男性の素養そようが大きく影響を与えることを認識し始めるからです。具体的な学歴や収入や運動能力まで見抜くことはできないかわりに「優秀そうな・・・男かどうか?」「快感を与えてくれそうな・・・男かどうか?」を、最初の15秒で判断しているのです。

 要するに、まだ相手の正体が分からない第一印象では(本当に)優秀な男ではなく「優秀そうに見える男性に対して恋愛感情を抱き、同じように(本当に)快感を与えてくれる男ではなく「快感を与えてくれそうに見える男性に好意を抱くのです。

  • 女性が第一印象で恋愛感情を抱くのは(本当に)優秀な男性ではなく「優秀そうに見える男性」に対してである。
  • 女性が第一印象で好意を抱くのは(本当に)快感を与えてくれる男性ではなく「快感を与えてくれそうに見える男性」に対してである。

 つまり、あなたの顔の表情や目線・仕草・声のトーン・雰囲気が判断基準になっているということです。表情と声のトーンぐらいは、その場で取り繕うとりつくろうことが出来るかもしれません。(あんまり不自然だと見抜かれてしまいますが...)ですが、目線や仕草や雰囲気は、その場で取り繕うことはほとんど不可能です。あくまでも、普段のあなたがそのまま相手に伝わってしまうわけです。

 では、どうすれば良いでしょうか?

( 表情と声のトーンは練習すれば良いとしても、目線と仕草なんかは果たして練習でどうにかできるものだろうか?...雰囲気にいたっては、いったい何をどうすればいいのかサッパリ分かりません! )

優秀系の雰囲気の図
 そうなんです。
 とりわけ「雰囲気」については、自分の意思でコントロールすることはできません。ただし、雰囲気を変える方法はあります。第一印象で、相手に良い印象を与える雰囲気を身に纏うまとう方法はあるんです。

 ちなみに、ここで身に纏うべき雰囲気とはいったい何でしょうか?...それは、女性に恋愛感情をもたれるために必要な要素である「優秀系」の雰囲気です。高身長・高学歴・一流企業・スポーツマンなどが身に纏っている雰囲気です。

( 身長が低いのに高身長の雰囲気? 頭が悪いのに高学歴の雰囲気?...そんなの、無理じゃないの? )

 いいえ、違うんです。身長を高く見せろとか、頭が良さそうに見せろとか、そういったことではないんです。「彼らが共通して身に纏っている雰囲気は何か?」というのがポイントなんです。

 そう。多くの優秀系の男たちが身に纏っている雰囲気は「自信満々まんまん」な雰囲気です。それと同時に「余裕たっぷり」な雰囲気も持ち合わせています。(※中には、せっかく身長が高いのに、せっかく高学歴なのに、せっかく一流企業に勤めているのに、あまり自信を感じさせない男性もいます。余裕がなくてあたふたしてばかりの男性もいます。そして、そういう男性は女性にあまりモテません。)

 ちなみに「余裕がある」のは(何があっても大丈夫だろう...)という「自信がある」からです。自信がないのに余裕だけがある人は、危機管理が欠如しているか、または、ただ考えが足りないだけの人です。

 つまり、女性に恋愛感情をもたれるために必要なのは「自信」を身につけることなんです。これが第一印象における「雰囲気」に大きく影響を与えます。また、これは第一印象に限った話ではありません。その後の交際においても「自信の有無」はとても重要なポイントになります。自信があれば相手との交際が長続きするし、自信がなければあっという間にフラれてしまいます。

 とりわけ男性にとっては、自信を持つことは極めて重要です。
 女性であれば、少しぐらい自信がなくても、それはそれで「謙虚さ」や「控えめさ」が醸しかもし出されて、相手に好印象を与えるケースも多々あります。(むしろ、下手に自信があり過ぎるよりは、少しぐらい自信なさ気な方が好印象なぐらいです。)
 ですが、男性はそうはいきません。自信がない男性の謙虚さや控えめさは、ただの「気が弱い男・頼りない男」にしか映りません。同じ謙虚さや控えめさであっても、女性から見て魅力的に映るのは自信がある男性の謙虚さ・控えめさなのです。

  • 第一印象における「優秀そうかどうか、快感を与えてくれそうかどうか」の判断は、すべて最初の15秒で決まり、あなたの顔の表情や目線・仕草・声のトーン・雰囲気などが決め手になる...つまり、普段のあなたがそのまま相手に伝わってしまう。
  • 第一印象で、男性が女性に良い印象を与える雰囲気を身に纏うまとう方法は「自信」を身につけることである。そして、この「自信」はその後の交際にも大きな影響を与える。

 つまり、結論として言えることの一つは「モテるようになりたければ自信を持ちなさい。」ということなんです。ただ...この「自信を持て」という言葉も、もはやうんざり聞き飽きた言葉なんじゃないでしょうか。「自信を持て」と言われて「ハイ分かりました、今から自信を持ちます、、、」というわけにはいきません。自信というものは、他人に言われて簡単に持てるようなものじゃないってことぐらい、誰だって知っていることですから...。