偶像恋愛と偶像恋情 人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル)- 〜
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト Little Riffle(リトルリフル)のロゴマーク
ホームページアドレス〔https://littleriffle.info/〕とメールアドレス〔info@pata.cocotte.jp〕の画像
複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト

偶像恋愛と偶像恋情
蜜柑寮〜キミを奪う天使とボクを救う悪魔〜(本の紹介ページ)

 アイドルを応援する心理には、多かれ少なかれ恋愛感情が介在かいざいするわけですが、当然、アイドルたちがファンに見せている姿は100%真実の姿というわけではありません。そういった、脚色された「架空の世界」と「現実の世界」との境界線をハッキリと理解した上で応援する分には問題はありません。(これを「偶像恋情」と言います。)しかし、その境界線が曖昧になって「偶像恋愛」の心理状態におちいってしまうと、さまざまな問題が起こってきます。


偶像恋愛と偶像恋情

疑似恋愛
 思考停止に陥ってしまった主人公は、普段からひそかに応援しているアイドルのことを考えます。実は、このことにも大きな問題が潜んでいます。

 たとえば、普通に恋愛できる男性が、普通にアイドルを応援するのは問題ありません。ですが、それができないからアイドルに逃避とうひするのは良くありません。普通に恋愛できない男性がアイドルを応援するときには、気をつけなければいけないことがあります。

 私(著者)は、近年のアイドルブームについて色々と思うことがあります。アイドルの存在や応援するファンの存在を否定するわけではありませんが、近年はちょっと行き過ぎではないかと思えてならないのです。

 ひと言でファンと言っても、実にさまざまなファンがいるので一概いちがいには言えませんが、アイドルを通して疑似恋愛をするような応援の仕方は、あまり良いこととは思えません。あくまでも、美しいから、可愛いから、彼女たちを見て、歌を聞いて元気をもらって、ストレス解消をする...といった感覚で楽しむ分には良いでしょう。

 ところが、近年のアイドルとファンの関係性において、自分(ファン)がアイドルを育てるという感覚がベースになっている点に一抹いちまつの不安を抱いています。かつての「きらびやかなあこがれの存在」としてのアイドルではなく、アイドルを身近に感じて親近感を抱き、それが評判になってますますファンが増えて人気が出る...という、このサイクルに健全な人間心理とは矛盾むじゅんする、何か異様なものを感じるのです。

 普通であれば、人気が出てファンが多くなれば多くなるほど、アイドルに対する親近感は減少していくはずです。有名になれば有名になるほど、遠くに行ってしまうような感覚を覚えて、それまで親近感を抱いていたファンは自然と身を引いていくはずです。そうなれば、ファンの数は一定のラインで頭打ちになるはずです。ところが、現実にはそうなっていません。最初はファンが少なくて親近感を抱きやすかったかもしれません。ですが、ファンの数が増えても親近感が減少しないのは、それだけ親近感(…というか「あなたは特別ですよ感?」)をファンに与える技術がたくみになっているのではないでしょうか。おそらく、握手会のシステム(CDを買えば買うほどたくさん握手できるシステム)や、その他もろもろのシステムが、親近感を異常に増幅させる効果を持っているのでしょう。

 魅力的な異性に対する親近感...もはやこれは「恋愛感情」です。しかも、現実が見えていない盲目な恋愛感情です。アイドル事務所の巧みな戦略にはまって、現実の世界と架空の世界の境界線があいまいになってしまっているのです。

 現実の世界と架空の世界との境界線をキチンと把握していて、ただ可愛いから、美しいから、見ているだけで癒されるから...といった認識で応援している状態を「偶像恋情」と言います。そして、現実の世界と架空の世界の境界線があいまいになっていて(相手〔アイドル〕も自分を覚えている、自分が応援したから成長した、恋人になれる可能性はゼロじゃないはず...)のように認識しながら過度の期待をしている状態を「偶像恋愛」と言います。

  1. 偶像恋情…脚色された「架空の世界」と「現実の世界」との境界線をキチンと理解したうえでアイドルを応援している状態。
  2. 偶像恋愛…脚色された「架空の世界」と「現実の世界」との境界線が曖昧あいまいなままアイドルを応援している状態。

※ アイドルに対する自分自身の心理状態のレベルは『カーペットナイト試験』と呼ばれる、チェックリストを使った簡単なテストを行なえば調べることができます。


 近年のアイドルブームは、もはや偶像恋情ではなく、非常に危険な偶像恋愛の領域にまで踏み込んでしまっているファンが多いことが特徴です。このことが、親近感を売り物にしているにもかかわらず、どんなに人気が出てもファンの数が頭打ちにならない理由ではないかと考えています。
 偶像恋愛にのめり込んで、一度「架空の世界」に味を占めてしまうと、現実の世界をおろそかにする傾向が高まってきます。最悪の場合、いわゆる「社会不適合者」になってしまう危険もあります。

アイドルの姿をガン見できる
 人には、何度も見る長い時間見るガン見することで、その対象をより好きになる心理作用があります。引き合いに出す時代が古すぎるとは思いますが、たとえば、江戸時代には、テレビもなければ写真もありませんでした。好きな異性の顔をガン見するためには、恋人か夫婦にでもならない限り不可能な時代でした。

 ところが、今の時代はそれがたやすくできてしまいます。テレビの普及によって、動きと声が連動したアイドルの姿を「ガン見」できるようになりました。録画ができるようになって、好きなときに好きなだけアイドルを「ガン見」できるようになりました。さらに、インターネットの普及によって「ガン見」する機会は無限に広がっていきました。

 ですが、ちょっと考えてみてください。相手(アイドル)はあなた(ファン)のことを「ガン見」していません。視界に入ることもほとんどなく、日常生活の中であなたのことを思い出すことすら限りなくゼロに近いと言えます。

 仮に、握手会などに行って顔を憶えてもらったり、ときには名前まで憶えてもらったとしても、あなたの存在は、ファンというカテゴリーの中で何万何千何百分の一でしかなく、アイドル個人の人生においても、しょせん「友達未満、知り合い以下」の存在です。好きという気持ちや親近感は、完全に一方通行なのです。

 これって、つまり、究極の片思いじゃないですか?
 要するに「世界でいちばん残念な片思い」が日本じゅうのあちこちに溢れかえっているということです。しかも、普通の片思いではありません。テレビやインターネットで一方的に「ガン見」できて、限りなくリアルに近いけどけっしてリアルではない、抜け出すには困難を極める究極の片思いです。

 ここで、以前キャバクラで働いていた女友達が話してくれた言葉を紹介します。

「女の子(=キャバクラ嬢)の中にはお客さんとつき合う人もいるけど、そのお客さんに恋愛感情を抱くかどうかは、すべて、初めて接客した時(初対面)に決まるんだよ。」

 そして、初対面でつき合いたいと思ったお客さんには、その日のうちに「もうお店には来ないで。外で会いましょう。」と伝えるのが一般的だそうです。一見、相手の財布の中味を気遣っての言葉のように感じますが、実はそれだけではなく...

「自分のためにお金を使われれば使われるほど、気持ちがめてしまうから」

...だそうです。

(キャバクラ嬢とアイドルではぜんぜん違うよ。一緒にしないで欲しい...)

キャバクラ嬢とお金
...なんて声も聞こえてきそうですが、基本的に女としての魅力を売り物にしている点で共通しています。また、それだけでなく、こういった感覚は普遍的な女性の心理でもあるのです。

 一般的に女性は、レベル(ポテンシャル)の高い男性を好みます。最低でも「自分より・・・・はレベルが高い男性」でなければ、けっして受け入れることはしません。
 自分のために一生懸命になったり、自分の魅力を高く評価して、お金を使ってまで何度も会いに来るような男に対して「レベル(ポテンシャル)が高い男」という印象を抱くことはありません。そういった男は、むしろ「自分よりもレベルの低い男」と認識してしまうのです。
 自分のために一生懸命になってくれて恋愛感情を抱くのは、すでにその時点で相手のレベルが高いことを認めている場合(すでに相手に恋愛感情を持っている場合)に限ります。

 私が、世の男性たちに言いたいのは、あまりアイドルにのめり込み過ぎないようにして、もう少し現実(リアルの世界)に目を向けて欲しいということです。キチンとした恋人ができて、リアルの世界で本当の恋愛が楽しめるようになると、アイドルへの関心は薄くなっていきます。そして、恋愛経験を重ねて、自分に自信がつき、女の子からモテるようになってくると、アイドルにますます興味を失っていきます...いや、アイドルという存在への興味は、ちょっと違った形に変質していきます。

 そう、まるで自分自身が「ファンの女の子たちをたくさん抱えるアイドル」であるかのような気分になっていくのです。

 現在、自らの意思で思考放棄をしていたり、もう自分ではどうしようもなくて思考停止の状態に陥っていたり、アイドルに対して偶像恋愛の感情を抱いて現実逃避をしないと生きていけないような気持ちになっている...そんなあなたは一刻も早く今の状態から抜け出さなければいけません。そして、アイドルを応援するファンの立場ではなく、みずからがアイドルのように異性から好かれる存在になって欲しいのです...その手助けをしてくれるのが、小説『蜜柑寮〜キミを奪う天使とボクを救う悪魔〜』なのです。

※ご購入を希望される方は販売方法について

次ページは→4.先天的無限性